____________________________________


魂と宇宙のメッセンジャー
未来クリエーター
スピリチュアルカウンセラー
ソウルコンサルタント
星型クリスタルデザイナー

 

____________________________________

はじめまして
シャーマン✴︎ミッシャ(SHAMAN✴︎Mischa)
と申します。


幼い頃からふしぎな体験をよくしてきました。
この時空にはないだろうものを見たり…
声が聞こえたり
異常なほどに、昆虫や植物を大切にしたり…


時には怖い体験もありましたので
いつしかその力を閉じてしまいました。



それでも「運命」というのはすごい力あって。
2006年あたりから
スピリチュアル能力が
ふつふつと湧き上がってまいりました。


思い出したのです。
自分には『自動書記能力』があったことを。



まだコントロールできなかった
その力を絵を描くことで鍛え上げ
ついに「未来アート』が完成しました。


その人が心から本当に求めている
『未来の姿』を絵に起こす!というものでした。

描いた絵を毎日見つめることで

描いた未来を引き出し
その未来へと加速させていくパワーがありました。



 



未来アートを描いていくと
次第にあることに気づきました。
人々の
『潜在能力を引き出す力が私にはあるのだと』

それが写真の『白蛇画』です。
この絵がきっかけとなり
私自身の潜在的な能力も溢れだし

魂の中にある領域のことやその仕組みについて
世界で初めてのことを解明しました。

 


それを皮切りに、絶えず能力が増えていき
毎日の修行を積むことで力は強くなり
現在に至っております。


目には見えない世界を知ることは豊かさへと繋がり
その世界を
現実の人生と融合させていけるのがベストです。

見える世界と見えない世界との調和。

二つの世界のバランスが何よりも大切だと
ミッシャは考えます。


こんなにも宇宙的な力に恵まれていても
周囲に言われることがあります。
「ミッシャさんはとっても現実的ですよね」と。

きっとそれが私の個性だと思います。


そのため、シャーマン的な力を目覚めさせる指導だけではなく
多くの経営者の皆様にも
ソウルコンサルタントをさせていただいている理由かもしれません。





シャーマンとは? 私がシャーマンを勧める理由


シャーマンについて



シャーマンとは霊能力を駆使して
病人やさまざまな心身ならびに
家産や人間関係の

悩みを抱えた人や
宇宙の問題を解消する社会的役割や
仕事をする人のことをさす。
(…ウィキペディアより)

私 シャーマン✴︎ミッシャ が感じるシャーマンも
上記と同じ思いですが。
少し言葉を変えると…

シャーマンとは
『潜在意識(見えない世界)』と

『肉体や人間(見える世界)』を

繋げる存在であり
世界を一つに向けていく
役割を担う人と考えます。


その中で私ができることは

・魂(潜在意識)を上質に整えること

・神や精霊と交信し
それらを癒し上質に整えること

・あらゆるマイナスなエネルギーを
浄化し成仏させること



・開運(成功)への導き
・不運からの回避する導き



・シャーマン的な力を発揮させる導き
・スピリチュアル能力向上への導き

・プロの占い師や鑑定師の育成


・動物や植物
土地などの意識と交信


・宇宙空間を整える修復する


・人間関係の改善への導き
・体調不良の改善への導き


・運気向上のための
開運アイテムの開発

・潜在能力開花



など…。

力を駆使し
人々に寄り添いながら
問題解決や人生向上のための
アドバイスや施しを行なっています。


私がシャーマンを勧める理由

画像をクリックすると拡大します



↓以下は シャーマン✴︎ミッシャ の言葉です↓


『私がシャーマンを勧める理由」
と題して
▲推薦状をいただきました▲



上の推薦状を
贈ってくださった方は
某局の朝の有名番組でも
声が聞こえてくる
実力派のナレーターの方。


人望も厚く
パーソナリティーも非常に豊かで
私自身もとても尊敬する
大切な人です。


人々を向上させるために

あらゆる人脈を繋ぎ
お世話をすることが大好きな方
なので。私自身も
普段お世話になることが多いのですが


こうやってシャーマンとして
未来の良い地点を探しお伝えしたり
逆に悪いエネルギーを
察知した時にもお伝えしたり。

ご自身が持つ
『無限大のパワーの源』に触れ
時にそれをお伝えできることは
シャーマンとしても
その冥利に尽きます。


これからも心身ともに
宇宙と一体となり
共に成長していけるよう
私もたくさん学ばせていただきます。


この度は推薦状

誠にありがとうございました。

 


私がシャーマンを勧める理由

画像をクリックすると拡大します



↓以下はシャーマン✴︎ミッシャの言葉です↓


『私がシャーマンを勧める理由」
と題して
▲推薦状をいただきました▲


上の推薦状を
贈ってくださった方は

8店舗の飲食店を
経営されていて
料理人としても第一線で
ご活躍のオーナー様です。


行動力の素晴らしさと
周囲を大きな愛で包み寄り添う
お姿にはいつも感動します。



いつもその背中を見ながら
追いつけない
大きさを感じています。



すでに大きな成功を
手にされている方ほど、

見えないものの存在の大切さや
関わり方を
肌で実体験されていることが多いと
私は感じています。


だからこそ、オーナー様にも
このシャーマンの世界を
ビビッと感じ取って頂けたのだと
思います。


オーナー様はお若い時から

突き抜けた存在感で
庶民では体験できないような
出来事に遭遇されていることを

私にも聞かせていただきました。


10代の頃の
お写真を見させていただいても
その体験を裏付けるような
強いオーラを
放っていらっしゃいましたので
納得でした。



これからもぜひ
右側にシャーマンを置いていただいて
お役に立てることを

お申し付け頂けたらと思います。

推薦状に感謝申し上げます。



もう一つの『推薦状』


 

とても光栄な「推薦状」をいただいております。
メディアのお仕事を第一線で長い間ご活躍されるクライアント様。

多くの人に手を差し伸べられ
私自身も辛い時にたくさん救っていただきました。

良い情報に包まれた、素敵で尊敬する女性です。
この度は貴重な推薦状を贈っていただき
心から感謝もうしあげます。

シャーマン✴︎ミッシャ


✴︎Mischaさんとの出会い✴︎


初めてお会いしたのは

2015年10月30日のことでした。

紹介してくれた友人から

本当に見える方だと聞いていたものの
それまで本物のシャーマンに
遭遇したことのなかった私は
半信半疑で尋ねたことをよく覚えています。


Mischaさんは鑑定をはじめるとすぐに
私の住まいも家族構成も何も知らないはずなのに…

我が家の周辺の環境を語りはじめました。
「家の近くに川がありますね?
その川のほとりの土地の神様が

怒っていらっしゃいます。
なんの断りもなく何かその土地が荒らされているようです。」

それを聞いたとたん、衝撃が走りました!


当時まさに「○○」と「○○」を
繋げるための
○○ジャンクション建設準備が進んでいて

川のほとりの住宅は軒並み
立ち退きを強いられ
我が家に近い橋の周辺は
なんとも重苦しい空気に包まれていたからです。



半信半疑だった私もすぐに

Mischaさんがシャーマンであることを確信しました。


それから彼女は…
土地の神様が私を通して

訴えかけてきたのだと話してくれました。

そして今度は私を通してその場所を浄化し
怒りを鎮めてみます。とおっしゃって

少しすると「もう大丈夫ですよ」。と告げました。


それ以来、その橋を通ってもあの重苦しさは
すっかりなくなって、あれから5年以上
経った今も、なにごともなく順調に工事
は進められています。

 



✴︎予想を遥かに超えた
鑑定からの「導き」✴︎


またその日。「人間32回目ですね」。
とも告げられました。


若い頃から魂が古いと
何度か言われたことがあり
不思議に思っていたのですが
Mischaさんの言葉でようやく腑に落ちた気がしました。


幼少期からのいろいろな
不思議体験の理由も

そう思うとなんとなく
理解ができてきて…

なぜか心からほっとできたのを覚えています。


そしてこの衝撃的な出会いこそが

私にとって『宇宙からの贈り物』だったと
今振り返って思うのです。


Mischaさんに鑑定いただいた後に
今ではもう一つの仕事となった

『マヤ暦』とのご縁に導かれました。



当時は映像製作しか
したことのなかった私が

5年後に「マヤンレディスト」として

マヤ暦を使ったリーディングセラピーを
行っているとは
思ってもみなかったことです。

この日、「これから大きなものに出会うと思います」
ともMischaさんは予知されていたのです。


疑い深い私がここまで素直に導かれたのは
Mischaさんのシャーマンとしての能力
ばかりでなく

彼女の人柄にもあると思います。


マヤ暦から読み解いても、
彼女が今世に降り立った使命は
多くの人々に光を与え、照らし、
人々を無条件の愛で本来の姿へ導くことです。


皆さんも、Mischaさんの存在に気づかれたのなら
『宇宙からの贈り物」を受けとるチャンスが来ているのかも?しれませんね。




シャーマンのBLOG記事を少しだけご紹介

BLOG記事
▼…クリック…▼

BLOG記事
▼…クリック…▼